家庭菜園って難しいけど、収穫目指して頑張ります

娘の友達の家が、農業と牧畜をしているんです。
今は、おじいちゃんも亡くなってしまったため、家族だけで、経営をしているようなんです。
その家の方と、今度、一緒に町の役員をすることになり、彼女が我が家に、家で栽培した、キュウリやとうもろこしを持って遊びにきたんです。
さすが、農家さんです。
彼女の家では、おじいちゃんが亡くなってから、商売として農業をしていなくって、自分の家で食べる分だけ栽培しているんです。
それでも、キュウリも、とうもろこしも、見事な大きさと新鮮さで、すごく美味しそうなんです。
我が家は、普通のサラリーマン家庭で、小さな庭で細々と家庭菜園をしているんです。
でも、まわりの農家さんの畑では、驚くほど成長して、立派な作物がたくさん実っていても、我が家では、なかなか上手く育たないんです。
そこで、専門家の彼女に、我が家の家庭菜園を見てもらったら、まず、少し見て、栄養が足りないよとのこと。
とにかく、栄養をたくさん与えないと、しっかりとした実が実らないそうなんです。
考えてみれば、栄養は、苗を植えた時だけあげて、後は、水しか与えていませんでした。
それから、もっと雑草を抜いて手入をしないとダメだよとの事です。
確かに、今の時期、気を抜くと、小さな庭は雑草だらけです。
きっと、雑草が土の栄養を全て吸収して育っているのかもしれません。
彼女の話を聞いていると、野菜を食べられるまで育てるというのは、すごく大変な事だと実感しました。
今年は、彼女にいろいろ教えてもらいながら、自給自足目指して頑張ってみようかと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ